top of page
  • 執筆者の写真yoshi

才能を発揮させる3ステップ


こんにちは

ブログを開いていただきありがとうございます

夢を叶える才能発掘コーチYossy(よっしー)です。

日米両国で学んだ脳科学+コーチング+コンサルティングを凝縮した独自メソッドで、子供の夢実現を応援しています。

実際に私が子供向けコーチング講座でお伝えしている内容を、無料でお届けしているのでぜひフォローしてくださいね❣️


今日は才能を発揮させる3つのステップをお伝えします。


才能は特別な人だけにあるものではなく、

『全ての人に才能はあります』


子供も大人も一緒ですが、持っている才能を見つけて、自分に合った才能を活かした学びや行動を続けていくと、夢は向こうからやってきて、気がつけば実現するのです。


それでは、どのように自分が持っている才能を見つけたら良いのでしょうか?

まずは以下の方法であなたの才能を見つけてみましょう!



【その1 眠っている才能を思い出す】


前回お話した通り、無意識のうちは才能ではなく、

”才能のタネ”の状態と言えます。


ではその才能のタネを見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?


それは

「あなたが過去にパフォーマンスが良かった時の、思考・感情・行動を思い出す」


たとえば、

「プロジェクトを少しでもよくするために、どうすれば良いのかをずっと考えていたら、最終的に大成功の企画となった」

「多くの人の意見を聞いて、それを集約していたら、美味しい料理が完成した」

などのように、過去を思い出し、

”その時の状況を味わう”

ことです。


これこそが、眠っている才能のタネです。



【その2 才能を定義づける】

才能のタネが見つかったら

”定義づけること”

が大切です。


今後あなたが

『意識的に』

才能を使えるようになるための方法がここにあります。


「白くて丸い食べ物」

と言われても何の料理なのかわかりません。

でも

「おもち」

と言われれば、すぐに何をさしているのかピンと来ます。


このように才能も言語化して、定義づけるのです。


世界で最も売れている本

「聖書」

にも次の一文があります。

”初めに言葉があった、神と共にあった”

世界の始まりの神とともに、言葉があったということです。


それほど言葉、すなわち言語化することはとても重要なことなのです。


才能を言語化して定義づけると

『意識的に』使えるようになります。


先ほどの例の

「・・・少しでも良くなるようにして・・・」

⇨ 『常時思考』『改善思考』


「多くの人の意見を集約して・・・」

⇨ 『意見集約』『情報収集』


というように、あなたの才能のタネに言葉をつけるのです。



【その3 才能の使い方を紐づける】

才能のタネを発見して言語化しても、それを使うことがなければ、才能は発揮されません。


先ほどの例でいえば『常時思考』がどのように発揮されるのか、もしくは以前に発揮されたのか、を知っておき、自分から積極的に行動を起こしてみることです。


私の場合は、まさに”常時思考”が夢を叶えるための才能の一つです。


朝起きてすぐに瞑想をします。

その時に理想の自分を想像し、その理想の自分であればどのような行動をしているかを考えます。

すると閃きやヒントが浮かんでくるのです。

それをメモに残しておいて、できるだけそのアイディアをその日のうちにどんな形でもいいので行動に移してみるのです。


ある日の瞑想であれば、プロジェクトが成功しているイメージを最初に持ちます。

そこには20名ほどの子供達が集まってくれていて、毎回活動を楽しみしてくれています。

どのようにしたら子供達がきてくれるのか?と思考を続けると、学校への告知、説明会開催、送迎の仕組み、会費などなど、仕組のアイディアがどんどん浮かんできました。

それを一つずつ実行すると、描いた通りの現実になっていました。



【子供への声掛け実践法】

これは子供への声掛けでも同じことができるのです。


例えば我が子の場合、過去にパフォーマンスが良かった時は、安心安全な環境下で目標を設定し、コツコツと実践して慣れ親しんだ状況をつくったことでした。


息子の中学では、漢検2級が必須だった時のお話。

最初のテストでは30%ほどしか得点できていませんでした。

それでもまだ時間はあるからどうしても本番では合格したいと目標をすでに設定していました。


「そっか漢検があるんだね。今はどんな状況?」

「3割ぐらいしか解けなかった。でも合格したいんだよね。」

「試験はいつ?」

「2ヶ月後。」

「まだ時間あるね!じゃあどんな方法があるか一緒に考えてみよう!」

「過去問をもらったから5年分を解いてみようと思っている。」

「お〜すでに計画しているんだね!じゃあその過去問をどんなふうに活用するの?」

「まずは1年分を解いてみて間違った問題を再度練習してそれから解いてみる。それを3回繰り返す。これを5年分やってみる。」


と話を聞いて質問を投げかけただけで、自ら行動を起こして、結果合格していました!



【才能発揮が夢実現の近道】

”思考は現実化する”

という本もあるぐらい、本当に思っていることは現実に起こってくるのです。

であれば、ネガティブを思考していればその現実が跳ね返ってくるのです。


夢は叶えるものです。


毎日同じ作業を繰り返す、いわゆるルーティーンを続けていては、才能は発揮されません。

大人である私たちも、常に変化を恐れずに、才能を信じて子供の成長を心から応援していきましょう!


才能の使い方はこの3ステップ

才能のタネを見つける⇨定義づける⇨紐づける

3つのステップを実践して、お子さんの才能を発掘しましょう!



子供の才能は無限大

子供達が楽しくワクワクしながら暮らせる毎日を私は応援しています

次回の投稿もお楽しみに

最後まで読んでいただきありがとうございました

================

\子供が自ら学び出す/

世界に一つだけ❣️

あなたのお子様の持っている ”才能”を使った学びを発掘

子供が本来持っている 学びが大好きな姿へ導く

💎夢を叶える才能発掘コーチング💎

============


🌸6月生募集中🌸

残り5名!

まずは期間限定!子供が自ら学びだす夢を叶える才能発掘コーチング無料個別体験へ👇







閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page